SkipNavigation

동남권원자력의학원

お問い合わせ080-476-5000
サイトマップ
JPN
研究センター

紹介

世界水準の研究病院へ

  • 紹介 1
  • 紹介 2
  • 紹介 3

東南圏の原子力医学院研究センターは研究型病院を志向する東南圏の原子力医学院の目標達成のために、病院とともに臨床適用及び実用化に焦点を合わせた研究を遂行するでしょう。現在、研究センターでは放射線・癌診断・治療技術研究、低線量放射線の人体への影響研究及び、医療放射線量の最適化研究をしています。 それを裏付けるために SPF環境放射線を調査する動物室の構築が進行中であり、 動物モデルで癌の発生、治療效率などをリアルタイムで観察できる動物用のMRI 及び Micro CT、腫瘍幹細胞の分離及び分析のための Sorting 機能を揃えた FACS装置、癌の発生または放射線露出による染色体異常の検出及び分析を遂行する Meta Systemなどの最尖端実験器機の構築も進行中であります。

放射線・癌診断・治療技術の臨床適用化のための基礎/基盤研究が多様な分野で進行中であり、今後の放射線を利用した癌治療の效率の改善に貢献することと期待されます。また放射線・癌診断・治療分野の基礎研究結果及び基盤技術の臨床適用化のための多様な評価システムの構築中です。低線量放射線の人体への影響を体系的に分析するために細胞、小動物、海洋生物などのシステムを利用して、遺伝子発現、免疫体系、活性酸素の調節などの多様な分野での低線量放射線の人体への影響に対する総合的な研究が行われています。医療放射線量の最適化を達成する前段階として患者線量を定量化する統合電算モジュールを開発して、これを実用化することで医療放射線量の評価技術の高度化及び技術自立度を果そうとしてます。それと共に医療放射線測定及び映像化技術、放射線遮蔽解釈、医療放射線量総合 DBの構築、放射線危害度の評価などの研究を行う計画であり、その結果は窮極的に実用化を目標としています。