SkipNavigation

동남권원자력의학원

お問い合わせ080-476-5000
サイトマップ
JPN
癌センター

CT

  • CT 1
  • CT 2

特徴

  • 東南圏原子力医学院に設置されたブリリアンスiCT SPは、 CT検査の時、患者が通過するようになるドーナツ模様のガントリが1回転当たり 0.27秒で、画期的に早い速度で回転して、患者の身体や臓器の動きによる間違いを減らしました。
  • また患者が呼吸を停止しなければならない時間を縮めることで、検査に必要となる時間を短くして、撮影のための患者の便宜を改善しました。
  • 人体内部の組職と心臓の動きを鮮明な3D映像で見られるのみならず、時間による人体組職の変化まで分かります。特に心臓の場合、心臓全体の映像を高解像度で具現して、その外肺、頭頸部、血管、腹部、骨盤及び全身など、他のすべての検査においても正確度を向上しました。
  • 放射線量に対する安全面でも不必要な放射線をとり除いて、既存のシステムに比べて、放射線被爆量を最大 80%まで減少させました。

装備説明

CTは人体の断面に対する再現能力が非常に優秀ですので、人体の正常な解剖学的な構造の変形の程度を易しく、かつ正確に把握することができる装備として全身検査が可能です。

適用対象

心臓、肺、頭頸部、血管、腹部、骨盤及び全身診断