SkipNavigation

동남권원자력의학원

お問い合わせ080-476-5000
サイトマップ
JPN
癌センター

MRI

  • MRI 1
  • MRI 2

特徴

磁性の强度はT(Tesla)に表現され、一般的に磁場の强度が大きいほどもっと細密な映像を得るようになります。現在、米食品医薬局(FDA)の承認を得て、臨床で使えるヒューマンMRIの磁場の强度は0.15Tから3Tまでであり、東南圏原子力医学院で導入したMRIは最大の磁場を使う3T MRIです。より高い解像度を支援する 3T級 MRIは、小さな腫瘍と脳構造撮影が可能です。

装備説明

患者を磁場に寝かして骨と関節を検査する非浸湿的な検査方法です。磁力によって発生する磁場を利用して生体の任意の方向の断層像を得ることができる放射線の検査方法で、水素原子核の高周波エネルギーを利用して人体内部の生理的な現象及び各種の新陳代謝の観察に有用であり、人体に無害です。

適用対象

頭頸部検査、脊椎及び神経系、筋骨格係疾患、胸腹部、骨盤腔検査