SkipNavigation

동남권원자력의학원

お問い合わせ080-476-5000
サイトマップ
JPN
癌センター

扇形加速器

  • 扇形加速器 1
  • 扇形加速器 2

特徴

最新の放射線治療技術であるVMAT(立体的な強度変調回転放射線治療)を搭載した Elekta Infinityは、アジアで初めて本院に導入したモデルで、既存の放射線治療機と映像誘導の放射線治療機の長所をすべて持っています。

装備説明

  • 患者の周辺を360度回転しながら、放射線の強度と方向を映像誘導装置でリアルタイム調節、腫瘍部位に放射線を集中照射することで、治療時間を5分以内に 短縮させることができますし、患者の全身放射線被爆量を最小化することができる長所を持っています。
  • 3次元の立体映像装置で腫瘍の放射線集積度を高めて、主要臓器を避けて放射線を照射するので治療效果を高められます。
  • 100%のデジタル装備として、すべてのパラメーターを願う治療数値にあわせて正確に調節するから、各患者ごとに最適の治療が可能です。
  • VMATはトモテラピと一緒に多発した腫瘍の場合にも、一回に治療できます。

適用対象

乳房癌、皮膚癌などの表皮層に発生した腫瘍はもちろん、頭頸部及び人体の奥深い所に位した腫瘍にも精密標的の治療が可能