SkipNavigation

동남권원자력의학원

お問い合わせ080-476-5000
サイトマップ
JPN
癌センター

サイバーナイフ

  • サイバーナイフ 1
  • サイバーナイフ 2

特徴

東南圏原子力医学院のサイバーナイフは、第4世代の新型モデルで患者の呼吸と脈搏による腫瘍の動きをリアルタイムで追跡しながら放射線を照射することができますし、誤差範囲が 0.3mm水準で、身体の全部位の治療に使用可能であり、現存する放射線装備の中で、一番完璧に目標部位に放射線を照射することができます。

效果

米航空宇宙国で開発して宇宙船で使われている 3次元の映像誘導技術と最新の腕 ロボットに放射線が発生される扇形加速器を装着して、脳腫瘍を含めて身体内のどこの腫瘍でもミリメートル以下の誤差で正確度を高めて安全に治療できる先端のロボット放射線の手術システムです。

手術時間が 40分内外で、既存より約 20% 短縮されましたし、自動放射線の照射 範囲調節の機能が追加され、正常の組職損傷を最小化します。

適用対象

頭頸部、腹部など身体すべての部位の治療に適用可能

現在、韓国内のサイバーナイフの保有現況

  • 7台(韓国原子力医学院、江南聖母病院、建陽大学病院など)
  • 釜山では、東南圏原子力医学院が最初導入
  • 全世界的に、アメリカと日本などで 181台が運営