SkipNavigation

동남권원자력의학원

お問い合わせ080-476-5000
サイトマップ
JPN
東南圏原子力医学院

紹介

患者が幸せな病院、地域住民が誇りに思う病院

東南圏原子力医学院では、患者により便利で満足度の高いサービスを提供するように標準化した診療体系を構築し、患者の安全と医療サービスの質の改善に向けて努力しています。そのために、病院の組織と制度を患者中心に改善し、地域住民の要望に応えるためにがん患者の診療だけではなく地域の拠点病院としての役割を拡大しています。

放射線医学とがん治療のために研究センターと病院を共に運営することで、政府や自治体からは放射線医学研究機関として、地域住民にとっては放射線がん専門病院及び地域の拠点病院として東南圏原子力医学院ならではのプレゼンスを確立していきます。

最先端のがん診療

がん患者を専門的に診療するためには手術、薬物及び放射線療法などを併用し、最新のがん診断および治療法を積極的に活用して統合医療サービスを提供しています。
痛みや出血なしでがんの治療ができるサイバーナイフ、一般手術より出血と神経の損傷が少ない最小侵襲手術方法であるロボット手術と腹腔鏡手術を通じて、がん患者に最先端の医療サービスを提供します。

優秀な医療スタッフと最先端の装置及び治療方法を備えて国の科学技術の発展と国民の健康増進に取り組んでいる東南圏原子力医学院。
患者を第一に考え、医療技術の弛まぬ開発と最上級の診療で世界一流の医療機関として跳躍します。

設立目的及びミッション、ビジョン

設立目的
放射線医学及びがん診療に特化した最先端の研究所及び病院を建立し、北東アジアの医療ハブを構築する
ミッション
放射線医学の医学的な利用及び研究開発を通じた国の科学技術及び国民の健康増進に貢献する
ビジョン
放射線医学の技術開発を先導する機関