SkipNavigation

동남권원자력의학원

お問い合わせ080-476-5000
サイトマップ
JPN
東南圏原子力医学院

ニュース

前立腺がんロボット手術100例

PR TEAM 2014-04-21 ヒット 1375
東南圏原子力医学院の前立腺がんロボット手術100例、
前立腺がんロボット手術、国内外で優れた効果も繰り返し証明


東南圏原子力医学院(医学院長イ・スヨン)が4月11日、前立腺がんロボット手術100例を突破した。
東南圏原子力医学院ロボット手術センターは、2011年4月に初めてロボット手術を適用して以来3年で前立腺がん100例を達成した。100番目の手術を受けたイさん(74)は「前立腺がんII期の判定を受け、この分野でロボット手術経験が多い先生を求めてやって来た。手術後の回復が早く副作用も少ないと聞いてロボット手術を選択した。初日でもそれほど痛くなく、明日には歩けそうだ」と話した。
イ・ワンロボット手術センター長は「ロボット手術は、術者の手の動きのとおり540度以上回転するロボット関節があるため、自由な手の動きが可能で、3D立体映像で腹腔内臓器を精密に観察できるという長所がある」とし、「手術後の回復や機能保存などにおいて優秀性が立証されている」と明らかにした。
ロボット手術はこのような長所のため、前立腺や大腸、直腸のように小さく狭い手術が難しい部位のがん患者に効果的に適用されており、精巧な手術が要求されるほど選好性が高まっている。
一方、ロボット手術の必要性に関する議論も多い。ロボット手術が開腹手術や腹腔鏡手術に比べて高価なため、あえてロボット手術を受ける必要があるのかという点で議論がある。
これに対して、最近、保健福祉部・韓国保健医療研究院(NECA)が世界有数の38の前立腺がん論文を分析した。その結果、前立腺がんロボット手術は開腹・腹腔鏡手術より優れていることが分かった。膀胱頸部部位が収縮する副作用が発生する危険性が腹腔鏡手術の40%、周辺臓器損傷の危険性は23%に過ぎなかった。特に性機能の回復率が腹腔鏡手術より1.39倍高かった。
□ロボット手術の長所
(1)回復速度が開腹手術に比べて速い。
(2)痛み、出血が開腹手術に比べて少ない。
(3)創傷感染の危険性が開腹手術に比べて減少する。
(4)手術後の回復が開腹手術に比べて速い。
(5)ロボット手術は腹腔鏡手術に比べて神経損傷が少なく、周辺組織損傷も少ない。